所長ブログ

2012年9月 6日 木曜日

ダイエットについて。

みなさん、こんにちは!
拓実リーガルの高代です(*^_^*)


さて、夏も終わり、9月に入ると一気に秋らしくなってきましたね。
立川のルミネの洋服屋さんも秋服一色になっていました!チェックしなくては(@_@;)!

秋といえば、読書の秋、芸術の秋、、、そして、なんといっても食欲の秋!!到来です。

私事ですが、最近ジムに通っていて、『スリムになりたい(+o+)』と食事にも気を使っています。
でも、好きなものも食べたいですよね!食事制限など、ストレスの溜まる方法は避け、健康的にシェイプアップしたいものです。

そこで今日は、ダイエットでよくある勘違いと成功するコツをご紹介したいと思います。


陥りやすいダイエット勘違い(@_@;)

◆やせたいならカロリーを意識することが何よりも大事だ
 →カロリーだけではなく、栄養バランスを考えた食事こそ大事です。
  栄養を考えないダイエットはクマやくすみ、肌の老化の原因に!バランス良い食事は脂肪が燃えやすくなるので、きれいに身体を維持できます。

◆集中してダイエットすれば1か月に5キロくらいやせられる
 
→リバウンドしないためにも1か月2キロを目安に。
  1か月で5キロ落とすことは可能ですが、その場合、減るのは脂肪だけではなく筋肉や骨、水分。
  中でも筋肉が減ると、エネルギー代謝が減少。リバウンドして前よりも太りやすく。バランスの良い食事と運動を心掛けて。

◆食べすぎた次の日は一食抜くことにしている
 →食事を抜くのは危険。量を減らす工夫が得策。
  半日以上食事をとらないと、その後hに食べた食事で血糖値が急上昇。急激に上がった血糖値は一気に下がり、食べたばかりでもお腹がすいて逆効果。全体の量を減らす程度で、一日3食はキープが大事。

◆ダイエット中はお肉を控えるべき。食べるなら鶏肉がおすすめ。
 →肉や魚は天然の食欲抑制剤。鶏肉に限らず積極的に食べて。
  良質なたんぱく質をとると、満腹感を感じるホルモンや集中力を高めるホルモンが分泌されます。たんぱく質の乏しい食事は寡欲を招く、というのが現代の定説。ゆでる、網焼きなど、調理方法を工夫して。

◆油はダイエットの大敵だ
 →控えるべき油ととるべき油をしっかり見極めて。
  使い古して酸化した油はダイエットの大敵。ただし、オリーブオイル、青魚の脂質など良質な油は積極的にとることで、美肌や冷え症の改善につながります。


ダイエット成功のコツ(*^_^*)

★まずは自分の体のリズムを知ろう
 →女性の場合、身体はホルモンの分泌によって変化します。体調はもちろん、体重や水分量なども変わるので、月に1~2キロ増減するのは当たり前。自分の身体が月単位でどのように変化するのか把握し、冷静に判断できるようにしよう。

★ダイエット成功のカギは、朝
 →体内時計に、日周リズムという生体の基本的なリズムがあります。体温、血圧、尿量、ホルモンなどに日周リズムが認められ、周期は約25時間。一日より1時間長いんです。このずれを正してくれるのが、朝日と朝食。リズムが崩れるとホルモンの乱れなどから太りやすい身体になりがち。朝日を浴びて朝食をとることで体内時計が調節されて健康的な日々が送れるはず。

★体重・体脂肪率を把握しよう
 →これらが分かると、自分の基礎代謝量や摂取カロリーの目安が分かります。食事量と運動量の目安も分かるので無理なく痩せられるきっかけになります。

目指すべきは、太りにくい身体です(^o^)丿いつもダイエット中からは卒業しましょう。
ダイエットの繰り返しは身体の負担になるだけです。
無理せず痩せると同時に太りにくい身体を作ることが、ずっときれいでいるためにも大事。
なんでも極端はいけませんね(@_@;)
わたしはリバウンドを経験したことがあるので今回どれも身に染みて分かります。
栄養バランスのとれた食事と適度な運動を続けることが大切ですね。


投稿者 司法書士拓実リーガルオフィス