HOME > まだ離婚が決まってない方
まだ離婚が決まってない方

まだ離婚が決まってない方

カウンセリングの重要性

カウンセリングの重要性のイメージ

離婚に関してカウンセリングは必要不可欠と言えます。
一旦離婚したいと考えてしまうと、離婚することが目標になり、冷静な判断ができずに気持ちだけが先行していませんか?
カウンセリングを行うことによって、気持ちの整理や、第三者としての視点や判断を得ることができ、選択肢の幅を広げることができます。
審判離婚や裁判離婚をする上でも、裁判官という第三者の考えで決まることがあります。
また、協議離婚に関しても、きちんとした取り決めを行うことで、以後の自身の生活・子どもの生活を守ることができます。

初めてご相談される方はこちら

3つの必要性

離婚協議書・公正証書の必要性のイメージ
1.離婚協議書・公正証書の必要性

離婚は協議離婚→調停離婚→審判離婚→裁判離婚の順に公的執行力が強くなっていきます。
協議離婚でも法的な執行力の伴う手続きをすることができるのが、離婚協議書です。

離婚協議書を公正証書で作成することで、協議離婚で離婚が成立した後、養育費の支払が滞った場合等、強制執行の手続きを取ることができます。
離婚後の生活を円満に送るためにも、公正証書の作成は確実に行った方が良いと言えるでしょう。

離婚協議書・ 公正証書について詳しくはこちら
子供の為の養育費・慰謝料
3.子供の為の養育費・慰謝料

離婚後、子どもを養い、育てていくとなると養育費・慰謝料が非常に重要になってきます。
離婚をすれば、夫婦の法的関係が解消されますが、親と子どもの関係は生涯続くのです。
そして、子どもが成人になるまで、子どもを扶養する義務が親にはあります。

しかし、養育費をもらえないケースとして、離婚時の養育費について、口約束でしてしまうことがほとんどと言えます。
そういった場合、養育費をもらう権利は薄れてしまうのです。
そうならないためにも、口約束で済ませるのではなく、「離婚協議書」を作成する、もしくは「公正証書化」を行ってください。

約束したことを「離婚協議書」もしくは「公正証書」を作成することにより、しっかりと証拠を残して身を守りましょう。
公正証書化を行うと、無条件ですぐに給料の差し押さえが出来たり、支払う側に対して警戒心を与えることが出来ます。

養育費・慰謝料・ 年金分割について詳しくはこちら

熟年離婚をお考えの方

熟年離婚とは、結婚してから20年以上を経た夫婦が離婚することを指します。
年金分割制度が改正されたことが後押しとなって、近年、熟年離婚の件数は急増しています。

年金分割財産分与、また相続に関しても長けている司法書士に頼むことで、離婚後の生活を安定することができます。
当事務所では、相続登記・遺言作成セミナー講師も担当する女性司法書士が担当しますので、安心してご相談いただければと思います。